スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

明けましておめでとうございました

大変ご無沙汰をしてしまいました。
ネタとタイミングを全力で逸し続けた結果、ブログを完全に放置してしまいました。

本当は昨年中に完遂するはずだったのに、今年に先延ばしせざるを得なくなったことが。

「武御雷 Type-00AとType-00C、合わせて7個、
キットを組み立てる」


……目標を立てた時点で既に出来る気がしません・゚・(つД`)・゚・

そんなところに何気なく立ち読みしたホビージャパンに「武御雷 Type-00R ノンスケール Ver.1.5」開発中の報が。

「よかった、慌てて00Rを買わなくて」という思いと「うおお、また武御雷増えるの確定じゃんorz」という複雑な思いが渦巻きました。
まあ……出たら間違いなく買いますけどね。

しかし00Rのリファイン、以前から問題にされている不知火とのサイズ感の不整合修正を含んだ完全新製なのか、それとも従来モデルに対して関節部などの初期設計を新規設計にアップデートするだけで済むのか、そこ凄く重要です。
後者なら、リファインされた部分のパーツだけアップデートキットとして出してくれたら、従来モデルを無駄にしなくて済むので最高ですけどね。


続きを読む

スポンサーサイト

「マブラヴ オルタネイティヴ」10巻発売

プラモを作るべき時間を「艦これ」に根こそぎ奪われてる今日この頃、そろそろ1つくらい作らないと武御雷 Type-00Cが作れないとさすがに焦燥感が芽生えてきました。

そんなときに限って仕事が多忙で、体力をごっそり消耗してしまい、また艦これに逃げる悪循環です。・゚・(ノД`)・゚・。
いや、プラモ作るのって思っていたより集中力と体力が必要なんで……

さてさて、ようやく蒔島先生の「マブラヴ オルタネイティヴ」第10巻が発売になりました。
今回からいよいよ甲21号作戦に突入。

本編見る前に、お約束の表紙カバーめくり。
TDAの武ちゃん、こうして見るとイケメソですな。
ブカツガールズ in エクストラ……たまが正規空母に見えたのは艦これのやり過ぎに相違ありません。(ノД`)

続きを読む

マブラヴ関連コミック一度に発売

7月末、電撃コミックスからマブラヴ関連のコミックが一度に2冊発売されました。

「トータル・イクリプス rising」2巻
TEコミック第二部であるrisingの2巻がようやく登場。
中身は1巻末の試製99型電磁投射砲の発射から後のお話。
細かな感想は省きますが……何でこんなにエロいカットを多用するかな(^^;)

あとカバーをめくって一言。
光線級の使い方自重しろ!!


「マブラヴオルタネイティヴ 月影は闇夜にありて」
蒔島梓先生の短編キタ━━━━(゚∀゚)━━━━!!
話の筋は月詠真那中尉と御剣冥夜との出会いから桜花作戦に至るまでの月詠中尉視点での回顧録といった体裁。
従姉妹である月詠真耶中尉も登場しており、10周年PVなどでもお馴染みのあの帝都防衛戦の斑鳩とのシーンがあるのはファンサービスですね。

これを読めばオルタがより楽しめると思います。


そして今月末はマブラヴ オルタネイティヴ10巻の発売です。
今回は例の伊隅大尉の“素”のシーン収録巻?

武御雷Type-00A入手してた。

ネタ自体は少し前にそこにあったのですが、忙しいやら体調が芳しくないやら他のことにかまけてしまうやらで、こちらに書き込めずにいました。

給料日前の一番お金がないときに限って、出費が発生するものです。
今回は自業自得ですが。

休日出勤で現場に移動していたら、見慣れない番号から電話。
さすがに高速運転中に手探りで電話をいじくる蛮勇は持ち合わせていないので、パーキングエリアに入ったところでかけ直し。
するとコトブキヤ福岡天神からで、以前予約していた「武御雷 Type-00A 桜花作戦仕様」入荷の報。
取り置きは一週間ということで、まあなんとか間に合うかなと。

しかしそんな週に限って大忙し。週の半ばには行けるかなと思っていたら、期限までに行けるかも怪しくなってきました。
まあなんとか期限内に行くことは出来たのですが。

1373621288083.jpg

はて、予約していたのは2つのはずだったが、なぜ3つに増えているのだろうか……

続きを読む

HJ8月号に

ホビージャパンの8月号を立ち読みしてきましたが、今回のTSFIAの舞台は珍しくTDA。
……ってクロニクルズ04発売前の事前企画ですね。

響たちの前に現れる黒い武御雷……武ちゃんですね、わかります。

ノンスケールキットのテストショットも上がってきたようで、発売が楽しみ。
こっちも2個予約してるけど、あと2個追加予約するかなぁ……どうしよう?

そういえば、同じくノンスケで製品化が決定しているEF-2000タイフーン ヴィルフリート・アイヒベルガー少佐機、こちらにはBWS-3 「要塞級殺し(フォートスレイヤー)」が付属するそうな。
黒き狼王の機動格闘戦はBWS-8フリューゲルベルテを使ってる印象の方が強くて、要塞級殺しは英国軍のタイフーンが背負ってる得物って印象があるので、少し違和感を感じる構成。
(ところでMk-57中隊支援砲はやっぱりオミットかな?)

ひょっとして色替えで来年あたり英国軍仕様が出るってことだったりして。
むしろ白き后狼仕様とか、ジョジョ立ちの人仕様とかを早く製品化して欲しかったり。
どうせなら現行タイフーンのキット(Mk-57オミット)にイタリア軍とレインダンス中隊の部隊章を入れて、ナイフとフォークの近接戦闘装備を付属するという遊び心をコトブキヤショップ限定品でやるとか。そしたら2個買ってジアコーザ姉弟機を作るんだけどなあ。

訪問者数
検索フォーム
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
最新コメント
最新トラックバック
Twitter
RSSリンクの表示
リンク
プロフィール

KuNi@JIRG

Author:KuNi@JIRG
ある日突然、ひょんなきっかけで『マブラヴ オルタネイティヴ』を知り、その面白さにはまってしまいました。
その面白さについて徒然と、そして自己満足全開で更新していきたいと思います。

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブロとも一覧

プラモの砦

第00独立遊撃隊 in隊舎

ゼロの独り言!
QRコード
QR
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。